So-net無料ブログ作成
検索選択

まるくん、ありがとう [まる]

4月14日の夜、19:47。
我が家の大切なかわいいかわいいまるくんがお空に旅立ちました。
11歳でした。


この後、ツラい記述があります。
苦手な方は読まないで下さい。
どうかご無理なさいませんように。
よろしくお願い致します。


13日の11:26に発作を起こし、2分間くらい痙攣。
失禁と脱糞。
その後、少しずつ落ち着いてきたので、安静にしつつ様子見。

翌14日。朝はふやかしたフードを8割くらい食べた。
昨日に引き続き具合は悪いものの、お外に出たがっていたので、
抱っこでお外に連れて行った。
うれしそうにひなたぼっこしつつ、風に吹かれていたまるくん。
あの時の目を細めた穏やかなお顔が今もまだ忘れられない。

その日も亡くなる直前まで自力で歩いていたし、熱もなかったのだけれど、
咳をしたあとに血のようなものを少量吐くのを数回…。
レンタルした酸素濃縮器を使用した酸素ケージ(これは購入)の中に入れると
少し呼吸が楽になるようで、久しぶりに落ち着いてるようにも見えた。
でもそれも長くは続かなかった。
ずっと酸素ケージの中に入れておくと暑くなってしまうので、
時々出しては携帯の酸素ボンベも使用。
それでも、呼吸は荒く、苦しそうにしていた。

今までお仕事中にまるくんのことを連絡するのは控えていたけれど、
この日は連絡して、ダンナに早退してもらい、すぐに病院へ。
病院に着いてすぐに高酸素濃度のケージに入れてもらう。
お薬も入れてもらったが、
このまま車に乗せるのも命の危険があるような状態だったので、
病院で酸素ボンベを借りて、エリザベスカラーにビニールを覆って
上の方だけ開けて、顔の周りに簡易的な酸素室みたいなものを
作ってもらい、その状態で帰宅。
帰宅後はすぐに酸素ケージの中へ。

自力で歩いてお水を飲んだりしていましたが、その後容体が急変。
吐血して、倒れ、2回、鳴きました。
もうその時には意識もなかったと思います。

最期はきっと苦しかったよね。ごめんね。
至らない飼い主だったと反省するところはいっぱいあります。
後悔もたくさんしました。
でも、家族で最期を看取ることができて、本当によかったと思います。

16日にペット霊園にて、家族とお友達に見守られ、
ゆっくりとお空へ上っていきました。

まだすべてのことが悪い夢だったような気持ちです。

まるくんのことを応援してくれた皆様、仲良くしてくれたお友達、
本当にありがとうございました。

まるくん、いつもニコニコ笑顔で、天真爛漫なまるくん。
やんちゃでヘタレで甘えん坊で、はなお姉ちゃんが大好きで…。
かわいいかわいいまるくん、大好きだよ。
たくさんのしあわせをありがとう。

IMG_0178.jpg

4131AA7B-4293-447F-85DE-FDA019A2D4DC.JPG


タグ:まる